vol.40 足裏重心位置「トライポットフット」とランニング接地について

はじめまして、itoixアスリートの才穂(さいほ)です。

いつもitoixをご愛用いただきありがとうございます。

今回のテーマは、足裏重心位置「トライポットフット」と

ランニング接地についてです。



皆さんは「トライポットフット」という言葉をご存じでしょうか?

身体で唯一地面と接しているのは足裏です。

足裏の中で、立つ・しゃがむ・歩く・走るという

基本動作に大きく関わっているのが、母趾球(親指の付け根)、

小趾球(小指の付け根)、踵骨(踵の真ん中)の3点を結んだ三角形、

ここが「トライポットフット」です。

 

私は現役のパワーリフティング競技者ですが、

この足裏の「トライポットフット」のバランスを保つ事で、

体重の2~3倍といった高重量を扱う事が出来ています。

ランナーにおいても、足裏重心はパフォーマンスに

大きな影響を及ぼします。

itoixを選んだプロランナーやアスリートが

何故itoixを愛用しているのか。

それは、強度を保ちながらも、

本来の脚の感覚を最大限に研ぎ澄ませるからです。

愛用されているプロランナーやアスリートさん曰く、

itoixを履くと、「素足の感覚」「地面をしっかり掴む感覚」が感じられるそうです。

 

▼itoixユーザーズボイスと誕生秘話はこちらから▼

 

ランナーに意識して欲しい足裏の重心位置のポイントは、

母趾球(親指の付け根)、小趾球(小指の付け根)に加え、

踵骨の真上の位置、図でいうピンクのポイント、

通称「ウナ」と呼ばれるポイントの3点です。

この3点に重心の乗せる事で、

余分な筋肉を使わずに身体を支えて立つ事が出来ます。

 

ランニング接地においては、ウナに乗り込む様にして、

母趾球(親指の付け根)、小趾球(小指の付け根)、

踵骨(踵の真ん中)の3点で フラットな接地を意識してみてください。

この時、爪先に力を入れない事がポイントです。

これを実施する事で、足裏のアーチ機能が最大限発揮され、

バランスが向上し、スピードupや、負担の軽減に繋がります。

 

この感覚を掴み・養うには、厚手の靴下では分かりづらいでしょう。

itoixは、和紙を独自の製法で繊維化しており、

究極の薄さと強度を実現しています。

まずは足の指から踵までの感覚を掴んでください。

普段の練習用には、5本指シリーズがおススメです。

 

ちなみに、私は、練習でも試合でも、

itoixの ランニング ラウンド ロングを愛用しており、

パフォーマンスの向上に繋げています。

 

練習だけでなく、日常で行動する時も足裏には気を使っています。

摩擦に強く足へのダメージを軽減してくれるitoixの靴下を履くことで

普段から足のコンディションを整えることができます。

トレーニング以外の日も気軽に履けるものを

お探しであれば足袋シリーズがおススメです。

 

アスリートの皆様、競技パフォーマンスを最大限に発揮できるよう、

itoixを是非活用してみてください。

 ------------------------------------------------------------------

〔筆者経歴〕
才穂 智将(さいほ ともゆき)

福岡県パワーリフティング協会所属
2020年 福岡県秋季大会 
      66kg級一般クラス 1位
2021年 福岡県春季大会
      66kg級M1クラス 1位 一般クラス 2位
2022年2月1日現在 
福岡県66kg級 M1クラス(40~49歳の部)
スクワット福岡県記録単独保持者(162.5kg)
デッドリフト福岡県記録タイ保持者(190kg)

 

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods