私が駅伝を選んだ理由

遅くなりましたが(本当に遅くなってすみません><)
明けましておめでとうございます!

皆様今年もよろしくお願い致します。

元旦からニューイヤー駅伝、そして箱根駅伝、さらには都道府県対抗駅伝と1月は駅伝で大変盛り上がりましたね。

私の同期や後輩など多くの知り合いランナーも出場していて楽しく応援させてもらいました!

駅伝を見ていて、ふと昔を思い出したので今回は私の陸上、駅伝を始めたきっかけについて話をしたいと思います。

私が陸上を始めたのは中学時代です。
小学生の頃はソフトボールを少々かじっていたぐらいで、他は何もしていませんでした。
足は速いほうでしたが、長距離走は苦手分野でしたね。

私の高校時代の結果を知っている人からは『苦手なんて絶対ウソだろ!』とよく言われますが、長距離は本当の本当に大嫌いでした!!笑

ソフトボールをやっていたこともあり、中学校に進学後、野球部に入ろうと思い仮入部期間に練習に参加しましたがとても練習がキツく、初日で全身筋肉痛になり野球部という選択肢はそこでなくなりました。笑

次に短距離は速かったほうなので陸上部の短距離に入ろうと思いました。
しかし、部員が3年生1人!!!!!
冷静に考えて、夏以降は自分1人になってしまうじゃないか!と思いやめました。笑

最後まで入りたい部活がなく、途方に暮れていたらクラスの友達数人が陸上部の長距離に入部するということで、お前も一緒に入ろうよ!と誘ってくれました。

長距離は苦手分野なのでとても悩みましたが部活の時間がとても短く、休日も午前中だけで練習が終わるので遊ぶ時間が多くとれる! あとは、苦手だけど適当に3年間やりきれれば良いか!ぐらいの軽い気持ちで入部を決意しました。

普通は箱根駅伝に憧れて!
マラソン選手に憧れて!
オリンピックに出たい!
などの理由が多いですが、私の場合は本当に適当な感じで陸上競技を始めました。

友達に誘われてなかったら長距離走とは出会っていません。
自分でも笑ってしまうような理由ですね!

陸上部に入部後本格的に長距離を始めてから長距離の名門・佐久長聖高校に進学を決めるまでは次回お話したいと思います。

〔監修〕itoix公式ランニングアドバイザー
藤井 翼(Tsubasa Fujii)


プロフィール

◯出身校
元岡中学校(福岡県)/佐久長聖高校(長野県)/山梨学院大学(山梨県)

中学3年時には1500m、3000mの2種目で全国大会に出場。
高校は長距離の名門、佐久長聖高校に進学。
チームメイトにはNIKEの大迫傑がいる。
個人種目では3000mSCを専門とし、3年時のインターハイ北信越大会では当時の長野県高校記録となる8分57秒をマーク。その後の全国インターハイでは優勝した留学生に次ぐ日本人トップの2位に入る。
冬の全国高校駅伝では日本人チームの高校歴代最高タイムで総合優勝。個人でも5区(3km)を8分24秒で走り区間賞。これは現コースになってから最も速いタイムであるため、コース新記録という扱いになっている。

◯保有資格
日本体育協会公認スポーツリーダー/日本陸上競技連盟公認ジュニアコーチ

>>藤井氏の詳しいプロフィールはこちら

★藤井氏へのご相談・ご依頼がある方はコチラまで★
※メーラーが立ち上がります。
※ご相談内容によってはご返答をいたしかねます。ご了承ください。

スポーツソックスのitoixは全てのアスリートを応援します