動的ストレッチと静的ストレッチ

こんにちは!
いよいよ2019年も残りわずかとなりましたね!

皆さん、2019年はどんな年でしたか?
思うように走れた方、走れなかった方と様々だと思います。

私はこのコーナーで豆知識や大会結果を掲載してもう1年が経過したと思うと、時が経つのは早いなと、とても早くビックリしています!笑

また私が発信している内容が1人にでもお役に立てていれば幸いだと思っております。


さて、前置きが長くなりましたが皆さんは走る前に体操やストレッチをちゃんとやっていますか?

また時間がない、面倒くさいと思う方も多いと思います。
私が指導しているチームメンバーでも怠っている人が多くいました。。。笑

体操やストレッチはウォーミングアップ要素もあり、やるのとやらないのでは走りだしの感覚も違いますし、怪我予防にもなります。

特にこれからランニングを始めようと思っている方はしっかり行って欲しいと思います。


■ランニング前は〔動的ストレッチ(体操 等)〕

動きながら筋肉をストレッチする方法。
サッカー選手が試合前に行っているブラジル体操などが動的ストレッチになります。

筋肉を伸ばすことによって、心拍数が上昇して体温も上がり運動前の準備に最適な状態を作り出します。

肩甲骨周りや股関節周りを大きく動かすことがポイントです。

■ランニング後は〔静的ストレッチ〕

動きがない状態で筋肉を伸ばすストレッチ方法。
アキレス腱を伸ばすなど、同一姿勢をとって一定時間その姿勢をキープするストレッチです。

運動後のクールダウンや、体の柔軟性を高めるために効果的です。

ちなみに・・・
体育の時間の運動前に、準備運動をやっていた方もいたと思います(アキレス腱を伸ばすなど)。

現在では運動前に実施するとパフォーマンスを下げると言われています。

この動的・静的ストレッチをしっかりと行うことが理想的ではあります。

しっかり関節や筋肉を動かして身体を動かせる状態にしましょう!!

ただ、過度にやり過ぎると関節や筋肉を痛めてしまう可能性もあるので、そこは気をつけて行ってくださいね!

それでは少し早いですが、今年1年大変お世話になりました!
また2020年もよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年をお迎えください!

〔監修〕itoix公式ランニングアドバイザー
藤井 翼(Tsubasa Fujii)


プロフィール

◯出身校
元岡中学校(福岡県)/佐久長聖高校(長野県)/山梨学院大学(山梨県)

中学3年時には1500m、3000mの2種目で全国大会に出場。
高校は長距離の名門、佐久長聖高校に進学。
チームメイトには日清食品グループの村澤明伸やオレゴンPJの大迫傑がいる。
個人種目では3000mSCを専門とし、3年時のインターハイ北信越大会では当時の長野県高校記録となる8分57秒をマーク。その後の全国インターハイでは優勝した留学生に次ぐ日本人トップの2位に入る。
冬の全国高校駅伝では日本人チームの高校歴代最高タイムで総合優勝。個人でも5区(3km)を8分24秒で走り区間賞。これは現コースになってから最も速いタイムであるため、コース新記録という扱いになっている。

◯保有資格
日本体育協会公認スポーツリーダー/日本陸上競技連盟公認ジュニアコーチ

>>藤井氏の詳しいプロフィールはこちら

★藤井氏へのご相談・ご依頼がある方はコチラまで★
※メーラーが立ち上がります。
※ご相談内容によってはご返答をいたしかねます。ご了承ください。

スポーツソックスのitoixは全てのアスリートを応援します